logo

KDDI、陸上自衛隊中部方面隊と「災害協定」を締結--通信確保で相互連携

藤井涼 (編集部)2014年03月10日 18時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 陸上自衛隊中部方面隊とKDDIは3月10日、災害時における通信確保のための相互協力について協定を結んだことを発表した。今回の協定は2013年11月に防衛省とKDDIの間で締結した災害協定(中央協定)に基づくもの。

 この協定は、陸上自衛隊中部方面隊の管轄地域である中部、北陸、関西、中国、四国において、今後、発生が予想されている南海トラフ地震などの災害時に、通信確保に向けて広範な相互協力をすることで、迅速な復旧活動を図ることを目的としているという。

 具体的には、両者間のスムーズな連絡体制を確立するとともに、陸上自衛隊中部方面隊は、被災地において通信手段を確保するために活動するKDDIに対して、物資の輸送や各種施設・設備の提供、燃料・資材といった物資や機材の貸し出しなどで協力する。また、KDDI単独では被災地に入ることが難しい場合に、条件が許せば陸上自衛隊中部方面隊の車両やヘリコプターで、KDDIの人員や可搬型基地局を運搬する。

 一方で、KDDIは陸上自衛隊中部方面隊の災害時における復旧、人命救助活動に必要な通信手段として、衛星携帯電話やau携帯電話などの通信機器を優先的に提供する。さらに、災害時のスムーズな連携を図るため、両者では情報共有や協同訓練を年1回以上実施するとしている。


調印式の様子

-PR-企画特集