「Windows Update」で最新Windowsへの移行を喚起--MS、Windows XPユーザー向けに

坂本純子 (編集部)2014年03月03日 23時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは3月3日、Windows XPユーザーを対象に、定期的に最新OSへのアップデートを通知する「Windows Update」で最新Windowsへの移行を喚起することを明らかにした。

 この試みはグローバルで行われるもので、初回は3月9日朝8時(日本時間)に配信される。4月9日にサポートが終了することを表示し、最新環境への移行情報サイトに誘導する。毎月9日に表示するが、再び表示しないように設定することも可能だ。

データ移行ツールの詳細
データ移行ツールの詳細

 また、3月中旬をめどにWindows XPからWindows 8環境へのデータ移行ツールを無償で提供する。PCメーカーが独自にデータ移行ツールを提供しているケースもあるが、移行ツールを持っていない人を対象にしたもの。米Laplink SoftwareおよびAOSテクノロジーズとのパートナーシップによるもので、日本マイクロソフトのウェブサイトからダウンロードできるようにする。使用期限は7月31日まで。

 なお、日本マイクロソフトは同日、Windows 8.1やOffice 2013への乗り換えをサポートする「Office搭載パソコン乗り換えサポート窓口」の開設を発表しており、Windows XPから最新環境への移行に力を入れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加