ヤマハ、4K Ultra HD映像に対応した5.1ch AVアンプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは2月25日、4K Ultra HD映像の伝送に対応した、5.1chスタンダードAVアンプ「RX-V377」を発表した。3月中旬に発売する。税抜価格は4万4000円。

 RX-V377は、スタンダードな5.1chモデルに、4K Ultra HD/3D映像の伝送対応のHDMI端子を装備したAVアンプ。3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)、主要メーカー製のテレビやレコーダーとのリンク機能にも対応し、HDMIケーブル1本で対応機器と接続できる。

 今回新たに、サラウンド(リア)スピーカをメイン(フロント)スピーカと並べて設置した状態で、5.1ch サラウンド再生を楽しめるバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT(バーチャルシネマフロント)」を採用。前方に設置したスピーカだけで、臨場感あふれるサラウンドの再現を可能としている。

 また、メイン(フロント)チャンネルにコンパクトスピーカーを使用する場合や、サブウーファなしのシステム構成でも有効な「Extra Bass(エクストラベース)」も新たに搭載した。小型スピーカながら、迫力ある低音を楽しむことができる。

 サイズは、高さ151mm×幅435mm×奥行き315mm、重量は7.4kg。すでに発売されている「NS-P40」と組み合わせれば、本格的な5.1chホームシアターシステムの構築が可能だ。


5.1chスタンダードAVレシーバー「RX-V377」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加