グーグル、「Chrome」ベータ版に「並列コンパイル」機能を追加--JavaScript処理を高速化

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年02月15日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Chrome」に歩きながらガムを噛む方法を教えたようだ。

 最新の「Chrome 33」ベータ版に「並列コンパイル(Concurrent compilation)」と呼ばれる機能が組み込まれた。これは、同ブラウザにおいて、実行中のウェブページコードから最適化されたバージョンへの変換がより滑らかで高速化することを意味する。

 ChromeプログラマーのYang Guo氏は米国時間2月13日、「並列コンパイルは、Chromeにおける遅延を低減するための新たな1歩だ」とブログ投稿で述べた。

 JavaScript性能はブラウザには極めて重要だ。ブラウザにおいては、どちらかというと静的なウェブページを読み込むだけではなく、JavaScriptで記述されたウェブベースのアプリを実行する頻度がますます増えている。

 最近ではほとんどのコンピュータがマルチコアプロセッサを搭載しており、複数の「スレッド」から成るプログラミング命令シーケンスを同時に処理することが可能だ。Chromeは、あらゆる現代的なブラウザと同じく、最適化というプロセスを通じて、ウェブページやウェブアプリを構成するJavaScriptコードを高速実行可能なネイティブコードへと変換する。ただし、実際に動作しているコードを最適化するのは難しい。

 Chromeではこれまで、コードの実行をいったん停止してコンパイルしたコードを最適化バージョンに変更していた。今後は一時停止を行わずに、そうした最適化をバックグラウンドで実行する。

 Guo氏は、「コードの実行はコンパイルと並行して続行され、これにより、ユーザーエクスペリエンスをより円滑にすることが可能になる。例えば、並列コンパイルによってNexus 5上で『Octane 2.0』(Google独自のスピードテスト)の『Mandreel』スコアが27%向上するとともに、『Epic Citadel Demo』などのグラフィックスを多用するアプリケーションがChromeにおいて一層円滑に動作するようになった」と述べた。

Chromeではこれまで、コンパイルしたJavaScriptコードを最適化するためにいったん停止していたが、今後はそうした最適化をバックグラウンドで実行する。
Chromeではこれまで、コンパイルしたJavaScriptコードを最適化するためにいったん停止していたが、今後はそうした最適化をバックグラウンドで実行する。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加