logo

画像主体のQ&Aアプリ「Jelly」レビュー--Twitter共同創設者B・ストーン氏による新サービス - (page 2)

Sarah Mitroff (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年02月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 満足のいく写真を用意できたのであれば、好きなところでトリミングし、240文字までのテキストで質問を追加する。また、テキストフィールドのリンクアイコンをタップすれば、リンクも追加できるため、より詳しく状況を伝えられるようにもなるはずだ。質問をJellyに送信する準備が整ったのであれば、「Send」(送信)ボタンをタップする。

 筆者が最初に試してみた質問は、「San Francisco 49ersが2014年のスーパーボウルに出場するには何が必要だろうか?」というものであった。この質問は、49ersがNFLのプレイオフゲームの初戦でCarolina Panthersを破った直後に尋ねたものだ。筆者が質問して1分も経たないうちに、Twitterで筆者の友人をフォローしているユーザーから、有効な、そして役に立つ答えが返ってきたのはちょっとしたうれしい驚きだった。その後の約2時間で合計で6件の答えが返ってきた。そのうちのいくつかは短く、かつ面白みのない「勝利」や「絶対あり得ない」というものであったが、それ以外は有益かつ詳細な答えであった。

 他のユーザーがJellyを使って質問に答えを返すと、同アプリはその旨を通知してくれる。なお、JellyがTwitterやFacebookに対して通知を送信することはない。答えが役立つものであったり、素晴らしい答えだと感じたのであれば、答えてくれたユーザーに対して感謝の意を表せるようになっており、その際にはきれいな青緑色の海中をテーマにしたありがとうカードが相手に届くようになっている。

知識を共有する

 Jellyを構成するもう1つの部分は、このアプリを使用しているその他の人々からの質問に答えるためのものとなっている。Jellyを起動すると、何人の人々があなたの助けを必要としているのかを示すバーが画面下部に表示される。このバーをタップすると、待ち行列に格納された最初の質問が写真およびテキストとともに表示される。

 質問に答えられない場合、あるいは次の質問を見たい場合には、写真を下に向かってスワイプするとその質問をパスしたと見なされる。Android版もiOS版も、うまく質問をパスできない場合があり、何度かスワイプを繰り返させられた。この部分のインターフェースの応答性はあまり良くなく、少しイライラした。


他のユーザーの質問を閲覧できる(写真左側)。また、あなたの質問に誰かが答えを返してくれた場合、通知が表示される。
提供:Sarah Mitroff/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]