logo

アプリなしで電子書籍の閲覧を--シャープ、HTML5を使った「ブラウザビューア」開発

坂本純子 (編集部)2014年01月31日 19時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは1月31日、HTML5を活用した「ブラウザビューア」を開発し、電子書店運営事業者に3月より提供すると発表した。

 シャープは、電子コンテンツストア「GALAPAGOS STORE」を運営する。また、電子書籍の代表的なフォーマットであるXMDF形式や著作権管理(DRM)技術などの電子書籍関連技術を開発し、電子書店運営事業者に提供してきた。

 今回開発したブラウザビューアは、専用のアプリをインストールしなくても、一般に普及しているブラウザで電子書籍の検索や購入、閲覧まで行える点を特徴とする。Internet Explorer、Firefox、Safari、Google ChromeといったHTML5対応ブラウザに対応する。

 主要な電子書籍フォーマット(XMDF、EPUB3、OMF、PDF、JPG)に対応し、多くの電子書籍コンテンツが閲覧できるほか、専用アプリケーションと同等の表示が可能なため、サービス利用者の利便性を大幅に向上できるとしている。

 シャープ デジタル情報家電事業本部 モバイルソリューション事業部 ネットワークソリューション推進部 チーフの松本融氏は、これまで電子書籍事業を手がける中で「一度使うと便利に使ってもらえるが、アプリのインストールにハードルがある」と分析する。

 また、電子書籍を読んだことがない人に読まない理由を調査したところ、専用機がないと読めないのではないか、という先入観があることも分かったという。ブラウザビューアを提供することで、アプリをインストールせずに読めるようにし、「バリアを超えたい」としている。

-PR-企画特集