logo

「Google Chrome 32」安定版がリリース--タブの動作を示すアイコンなどを追加

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月15日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間1月15日に公開された「Google Chrome」のアップデートには、サイトが音声をストリーミングしていることをユーザーに通知するタブインジケーターが新機能として追加され、一般のユーザーも同機能を利用できるようになった。この機能により、音声をストリーミングしているタブにはスピーカのアイコン、ウェブカメラを使用しているタブには赤色の録画ボタン、ユーザーが「Chromecast」にタブを転送しているときには「Google Cast」アイコンがそれぞれ表示される。


音声をストリーミングしていることがアイコンで通知される。
提供:Google

 「Google Chrome 32」には、ほかにも言及に値する新機能がいくつか搭載されている。マルウェアの恐れがあるダウンロードについて、以前よりも視覚的な方法で注意を促すようになったため、Chrome 32が危険なファイルのダウンロードをブロックしているとき、ユーザーはそれを認識することができる。また、Chrome 32は「Windows 8」の「Metro」モードに「Chrome OS」デスクトップランチャーを導入しているため、ユーザーはこれまでより簡単に「Chrome Apps」にアクセスできる。ただし、Windows 8のMetroモードには、キーボードプロフィール切り替えハードウェアアクセラレーションに対応しないレガシーコンピュータ上でのサポートの問題など、既知のバグがいくつかある。これらの問題はデスクトップモードには影響しない。


Windows 8の「Metro」モード向けの新しいインターフェース。
提供:Google

 Chrome 32には、「Supervised Users」という興味深いオプションも備わっている。このオプションを利用すれば、メインのChromeアカウントからサブアカウント(Supervised User)を作成することができる。メインアカウントを持つユーザーは、Supervised Userのウェブアクセスをサイトごとに制限することができる。また、コントロールパネルから、Supervised Userの閲覧行為を監視することも可能だ。

 Chrome 32のセキュリティフィックスには、攻撃者のGoogleアカウントと自動的に同期されてしまうことを防ぐフィックスや、「Android」版Chromeでアドレスバーのスプーフィングを防止するフィックスが含まれる。


Supervised User機能。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集