オラクル、クラウド関連開発企業Corenteの買収を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2014年01月08日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracleは、ネットワーク向けソフトウェア定義ネットワーク(SDN)アプリケーションを提供するCorenteの買収を発表した。この動きは、Oracleのネットワーキング構想に新たな要素を組み込むものだ。

 Oracleによると、Corenteの買収は、顧客がクラウドアプリケーションを効果的に導入しプライベートネットワークを供給するのに役立つという。Corenteの主力製品である「Cloud Service Exchange」は、あらゆるネットワークにアプリケーション群を配信する。

 今回の買収でOracleが計画しているのは、クラウドコンピューティングのインフラとSDNを組み合わせて提供することだ。

 株式非公開のCorenteは、2007年に設立され、British Telecomを顧客としている。買収の条件は明らかにされていない。

 Oracleは2012年、ネットワーク仮想化技術を提供する別の企業Xsigoを買収した。同社はまた、Acme PacketやTekelecといった他のネットワーク企業も過去に買収している。



この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加