logo

アウディ、「Audi Smart Display」を発表--車載システムと連携する「Android」タブレット

Wayne Cunningham (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年01月08日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--2014 International CESでのOpen Auto Allianceの発表に続いて、Audiは同社初のGoogleの「Android」OS採用事例となる「Audi Smart Display」を披露した。Audi Smart Displayは、Audiの車載インフォテインメントシステムと連携するタブレットだ。

 このタブレットはAndroidを採用し、自動車での使用向けに設計されたNVIDIAの「Tegra 40」チップを搭載する。アルミ製のケースと10インチスクリーンは車内での使用および保管向けに設計されている。


Audiは、Audi Smart Displayのイメージを報道陣向けカンファレンスで披露した。
提供:Wayne Cunningham/CNET

 このタブレットを見ると、AudiがAndroidデバイスを統合する上で、同社のOpen Auto Allianceへの参加がどのように役立つのかが分かってくる。

 Audiの自動車に同乗した人は、車載のナビゲーションやオーディオ、電話などの接続機能を操作するリモコンとしてこのタブレットを使うことができる。タブレットはWi-Fi経由で自動車に接続し、運転手が計器類やダッシュボード上のLCDで得られるさまざまな機能と同様の機能を表示する。

 同乗者は運転席の制御装置に全く触れることなく、DJ役を務めたり、目的地を見つけたりすることができる。CES 2014で披露されたデモでは、Audiのスタッフが同タブレットを使って目的地リストを表示させた後、自分の目指す目的地を地図上にドラッグした。するとその目的地は道案内情報に自動的に組み込まれた。

 それと同時に、運転席のモックアップにはその新しい目的地がナビゲーションに追加された。


Audiは、Audi Smart DisplayのライブデモンストレーションをCES会場のブースで披露した。
提供:Wayne Cunningham/CNET

 このタブレットは、自動車のCAN Busから取得した走行速度などの自動車固有の走行情報と共に、実際のナビゲーションプロセスも表示することができる。

 さらに、このタブレットは通常のAndroidデバイスと同じように動作し、自動車の4G/LTEホットスポットを使ってインターネットにアクセスすることもできる。そうした使い方が可能なので、同乗者は「Google Play」ストアで公開されているあらゆるアプリをダウンロードして、使用することができる。

 Audiは発売時期や発売地域、価格に関する詳細は明かさなかったが、デモはシームレスに動作していた。Audi Smart Displayは、Audiの新しい「TT」モデルと一緒に登場する可能性が高い。TTは中央のLCDを廃止して、計器類やインフォテインメント機能を表示する仮想インストルメントクラスタを採用している。TTの運転席では、同乗者がインフォテインメント機能を操作することはできないので、Audi Smart Displayは理想的な付属品となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集