宇宙服の歴史--写真でたどる進化 - 15/15

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年12月28日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 バイオスーツは、「第2の皮膚」とも言える近未来のスペースアクティビティスーツで、動きやすさを重視した設計になっている。現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発中だ。バイオスーツは各着用者にぴったりとフィットするように、レーザーボディスキャナを使ってカスタムメイドされる。それぞれのミッションに適したハードウェアとソフトウェアを活用したウェアラブルテクノロジも組み込まれている。
Scroll Right Scroll Left

 バイオスーツは、「第2の皮膚」とも言える近未来のスペースアクティビティスーツで、動きやすさを重視した設計になっている。現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)で開発中だ。バイオスーツは各着用者にぴったりとフィットするように、レーザーボディスキャナを使ってカスタムメイドされる。それぞれのミッションに適したハードウェアとソフトウェアを活用したウェアラブルテクノロジも組み込まれている。

提供: Photo Credit: Professor Dava Newman: Inventor, Science Engineering; Guillermo Trotti, A.I.A., Trotti and Associates, Inc. (Cambridge, MA): Design; Dainese (Vincenca, Italy): Fabrication; Douglas Sonders: Photography

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]