アップルに台湾当局が罰金命令、「iPhone」価格決定に介入の疑い--WSJ報道

Natalie Weinstein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年12月26日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾の公正取引委員会は、Appleが台湾国内における「iPhone」の価格決定に不正に介入していたと判断し、同社に対して罰金2000万台湾ドル(約66万6000米ドル)を科した。The Wall Street Journal(WSJ)が米国時間12月25日に伝えた。

 同委員会は、Appleが台湾の大手モバイルサービスプロバイダー3社に対してiPhoneの価格を指示し、台湾の独占禁止法に違反したとの裁定を下した。

 WSJによると、同委員会は声明で「Appleとこれら3社の通信事業者の電子メールでのやり取りから、これらの企業が製品の市場投入前に料金プランをAppleに伝え、承認や確認を得ていたことが判明した」と述べている。WSJは、Appleからのコメントは入手できていない。


iPhone 5s
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加