logo

アップル、iTunesの「BEST OF 2013」を発表--「Candy Crush Saga」などがライクイン

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年12月18日 16時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイルゲーマーは2013年、「Candy Crush Saga」を大いに味わったようだ。

 Appleによる「iTunes」の「BEST OF 2013」リストで、このパズルゲームは、2013年にダウンロードされた「iPhone」と「iPad」向け無料アプリで1位となった。有料アプリでは「Minecraft」が1位だった。

 Appleのリストは米国時間12月16日夜に発表されており、最も多くダウンロードまたは購入された楽曲、アルバム、書籍、映画、テレビ番組、ポッドキャスト、さらに各カテゴリでAppleが選んだ年間ベストも含まれている。

 驚くべきは、iTunesで発売後1週間もたっていないBeyonceのニューアルバム「BEYONCE」が2位につけたことだ。1位はJustin Timberlakeの「The 20/20 Experience」だった。Macklemore & Ryan Lewisの「Thrift Shop」が、最も多く売れた楽曲となった。

 2013年に最も売れた映画は「007 スカイフォール」、最も売れたテレビ番組は「Breaking Bad」だった。Dan Brown著「インフェルノ」が最も売れたフィクション書籍となった一方、Facebookの最高執行責任者(COO)であるSheryl Sandberg氏の「Lean In」が2013年のノンフィクション書籍で1位となった。「Lean In」は女性に対して、リーダーシップを執る地位に就くよう促すものとなっている。


Candy Crush Sagaのスクリーンショット
提供:Screenshot/Jennifer Van Grove/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集