logo

忘年会・新年会シーズンに活用したい、意外と便利な「Passbook」の使い方

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2013年12月18日 13時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iOS6のリリースと同時に公開されたiPhone/iPod touch向けの標準アプリ「Passbook」。クーポンや航空・搭乗券といった情報をまとめて管理できる便利なアプリだが、「おサイフケータイ」のように毎日使うようなアプリではないため、もしかすると、その存在を忘れている……なんていう人もいるかもしれない。

複数のクーポンやチケットをまとめて管理できる「Passbook」
複数のクーポンやチケットをまとめて管理できる「Passbook」

 おそらくこのアプリは、使っている人と使っていない人の差がハッキリとしたアプリに位置付けられるだろう。

 そのくらい存在感が薄くなりつつあるPassbookだが、特に年末年始の忘年会や新年会のシーズンには便利に使えるアプリだ。

 Passbookはあくまで“管理アプリ”であり、単体でクーポンなどの情報を取得できるわけではない。Passbookで管理するクーポン情報は、アプリあるいはウェブサイトなどから取得する必要がある。なお、iPhoneのカメラから“Passbookバーコード”を撮影して直接情報を追加することもできるが、Passbookバーコード自体がまだまだ少ないように感じる。

 Passbookを利用するには対応するアプリもしくはウェブサイトにアクセスして情報を取得・追加するのがベターだろう。

  • Passbookを起動し「Passbook用のApp」をタップすると、対応アプリが一覧できる。“Passbookコード”から取得する場合は、「コードをスキャン」をタップする

  • 「Passbook用のApp」をタップすると、対応するアプリの一覧が表示される。タップしてアプリをダウンロードしてみよう。ただし、表示されているもの以外にも対応しているアプリはある

  • Passbookを配布しているサイトは、「Passbook JP」や「neoPass」などのまとめサイトを利用すると簡単に調べられる

複数のクーポンチケットをまとめて管理

この画面を通常のチケットと同じように、保安検査場や搭乗口でリーダーにかざす
この画面を通常のチケットと同じように、保安検査場や搭乗口でリーダーにかざす

 この時期にオススメなのが、忘年会・新年会などに便利なクーポンを発行する「ホットペッパー」や「ポンパレ」「グルーポン」などのクーポンサイトだ。サイトを見せるだけで使えるクーポンもあるが、いざ使用するときにサイトへアクセスしたりパスワードを打ち込んだりする手間がかかったりすることもある。Pasbookなら、電波状況に左右されることなく表示でき、複数のサイトで購入したクーポンを1カ所で管理できるメリットもある。

 また、飛行機を使って帰省、あるいは旅行に行くなら、航空・搭乗券情報を管理するのにも役立つ。予約情報などにある「Passbookに登録」ボタンをタップするだけで、搭乗券情報を取得できる。QRコード付きなので、通常の搭乗券と同様にリーダにかざせるのもポイントだ。

 なお、JALはPassbookに登録した搭乗券の搭乗日になると、ロック画面にPassbookから通知される。ANAは運航状況や出発時刻に変更があった場合などに、Pass上で通知してくれる機能などもある。

 このほかにも、ビックカメラコジマといった家電量販店、ローソンなどのコンビニのサイトでクーポンが配布されている。調べてみると意外と身近に利用できるケースがあるかもしれない。チェックしてみてはいかがだろうか?

  • グルーポンの場合、「マイクーポン」からPassbookに追加できる

  • 右上の「追加」ボタンを押すとPassbookに登録される

  • iOS 7どうしなら、「AirDrop」機能を使ってクーポンの共有もできる

  • 例えばローソンの場合、Passbook用のサイトが公開されている

  • 「Loppiチケットパス」「Loppiクーポンパス」として配布されており、それぞれ「Passbookに追加」アイコンをタップして取得・追加できる

  • 「Loppiクーポンパス」であれば、「Passbookに追加」アイコンをタップし、切り替わったクーポン画面の「追加」をタップして該当クーポンをPassbookに追加可能だ

  • ホットペッパーの場合、まずはホットペッパーアプリを起動して、クーポン情報を表示させよう

  • クーポンが対応していれば、クーポン画面下部に「Passbookに追加」アイコンが表示される

  • 内容を確認し、クーポン画面の「追加」をタップしてPassbookに追加できる。基本的にウェブサイト、アプリどちらを経由しても、「Passbookに追加」-「追加」とタップして情報を取得・追加できる

-PR-企画特集