logo

Dropboxをより便利に使いこなせるおすすめiPhoneアプリ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインストレージの老舗として高い知名度を誇るDropbox。最近ではGoogleドライブやSkyDriveなど競合サービスの追い上げも激しく、無料版の容量も今となっては競合サービスに比べて控えめだが、それでもシンプルかつシームレスな使い勝手では他のサービスの追従を許さず、真っ先に名前が挙がる存在であることに変わりはない。

 そんなDropboxは老舗のサービスということもあり、連携可能なアプリが数多くリリースされていることも特色の一つだ。今回はその中から、Dropboxをさらに深く、より便利に使いこなすためのiPhoneアプリを6つ紹介する。Dropboxを使いこなせず放置状態になっている人から、有料プランを契約してバリバリと使いこなしている人まで、Dropboxの可能性をさらに広げるこれらアプリをぜひチェックしてほしい。

Dropboxをフォトストレージとして活用できる「DropPics」

 「DropPics」(200円:12月9日現在)は、Dropboxの特定のフォルダをフォトストレージとして活用できるアプリ。純正アプリでは不可能な写真画像のタイル表示に対応するほか、スライドショーなどが実行でき、Dropboxを専用のアルバムアプリのように利用できる。

  • 起動画面はパスコードロックを設定できるので、誰かにフォルダ内の画像をうっかり見られる心配もない

  • 純正のDropboxアプリでは不可能な、特定フォルダ内の画像のサムネイル表示をサポートする

Dropbox内のテキストを直接編集できる「Textforce」

 「Textforce」(300円:12月9日現在)は、Dropbox内のテキストファイルを編集するためのエディタアプリ。カーソルヘルパー機能を用いたカーソルの左右移動機能など操作性が高いことが特徴で、テキストファイルの読み出しから編集、保存まで、このアプリだけで完結できる。

  • 起動画面

  • 起動するとDropbox内のフォルダが表示される。右上の「+」ボタンでテキストファイルの新規作成が可能

Dropboxに録音データを自動アップロードできる「DropVox」

 「DropVox」(200円:12月9日現在)は、Dropboxと連携し、録音データを自動的にアップロードできるボイスレコーダーアプリ。iTunesがなくとも長時間の録音データをほかのデバイスに移せるので、共有や配布に最適。アプリを起動すると自動的に録音を開始するモードも備える。

  • 利用開始にあたり、Dropboxのアカウントを入力してリンクさせる。Dropboxとリンクせずに録音だけを行うことはできない

  • 準備完了。赤いマークを押せば録音がスタートする。アプリ起動時に自動的に録音をスタートすることもできる

EvernoteとDropboxの間でデータの相互移動が行える「Ever2Drop」

 「Ever2Drop」(500円:12月9日現在)は、EvernoteとDropboxの間でデータの相互移動が行えるファイラーアプリ。Evernoteのノートに貼りつけたファイルをDropboxにコピーして共有したり、Dropbox内のファイルをEvernoteに保存するなど、両サービスを連携させた活用が可能になる。

  • ホーム画面。画面の上半分にEvernote、下半分にDropboxという、2ペインのレイアウト。下段のDropboxがアプリ固有の青色ではなく緑色のため、やや区別がつきにくい

  • 例えば、Evernoteに貼り付けられたPDFをDropboxにコピーする場合、上段でEvernoteのノートを開き、貼り付けられたPDFを下段のDropboxの特定フォルダ内でドラッグして離す

上下2画面でDropbox内のファイルを管理する「BoxCrane」

 「BoxCrane」(400円:12月9日現在)は、Dropbox内のファイルやフォルダをドラッグ&ドロップで移動できるファイラーアプリ。上下分割された画面に別々のフォルダを表示し、ドラッグ&ドロップで相互にファイルやフォルダを移動できる。アルバムからの写真アップロードにも対応。

  • 下2画面に分割して別々のフォルダを表示できる。iPhoneをランドスケープモードにすると左右に分割される。中央の黒いバーで上下(左右)の画面幅を変更可能

  • ツールバーの右端のアイコンをタップすると表示されるメニュー。フォルダが最新表示でない場合は「キャッシュクリア」を選択して最新表示にしよう

Dropbox内ファイルのリネームや移動が行える「DropFiler」

 「DropFiler」(200円:12月9日現在)は、ファイルのリネームや移動など、純正アプリでは難しいさまざまなファイル操作に対応したファイラーアプリ。ファイルの日付やサイズ、種類順による並び替え、インクリメンタルサーチなどにも対応するなど、検索性の高さも特徴。

  • 起動直後の画面。Dropbox内のフォルダが表示される。この画面だけではDropboxの純正アプリと大差ない

  • 起動直後の画面。Dropbox内のフォルダが表示される。この画面だけではDropboxの純正アプリと大差ない

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集