KDDIとラック、セキュリティ分野での提携を強化

藤井涼 (編集部)2013年12月09日 18時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとラックは12月9日、両社の事業拡大を目的に、業務提携および資本提携の強化について合意したことを発表した。KDDIは12月末を目途に、ラックの大株主である有限会社コスモスの取得を通じて、ラックの株式を約689万株間接取得する。これによって、ラックに対する出資比率は31.1%(約830万株)になる予定だ。

 KDDIは、2007年11月にセキュリティソリューション分野でラックと業務・資本提携し、ラックのセキュリティサービスに関する営業協力や、共同での新サービスの開発を進めてきた。

 今後は、KDDIが提供するクラウド、ネットワーク、モバイルなどのサービスに、ラックのセキュリティサービスを組み込み、セキュリティ運用を含めてワンストップで顧客に提供するとしている。また、SOC(Security Operation Center)事業の強化や、社内セキュリティ監視サービスなどの開発、セキュリティに対するコンサルティングサービスの拡充などを予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加