logo

アップル、8~10月の米スマートフォン市場で1位を堅持--コムスコア調査

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年12月06日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが引き続き米国のスマートフォン市場を圧倒する勢いを見せている。一方、サムスンとMotorolaもシェアをいくぶん拡大した。

 市場調査会社comScoreが8~10月における米国のスマートフォン市場を分析した新たなデータによると、Appleが40.6%の市場シェアを獲得し、7月から0.2%増加したことが分かった。しかし、サムスンとMotorolaも市場シェアを拡大している。サムスンのシェアは1.3%増の25.4%となり、Motorolaは0.1%伸びて7%のシェアを獲得し、第3位につけた。

 上位3社に続いたのはHTCとLGだ。両スマートフォンメーカーはいずれも、同3カ月間に市場シェアを失っている。


米国における13歳以上のスマートフォン契約者数シェア(3カ月間平均)
提供:ComScore

 一方OS分野では、Googleの「Android」がプラットフォーム市場で52.2%のシェアを占めてトップに立った。Appleは7月から0.2%増の40.6%で2位に付けた。BlackBerryは3.6%で引き続き3位を維持し、MicrosoftおよびSymbianはそれぞれ3.2%と0.2%で最下位だった。

 全体でみると、米国では現在、1億5000万人の人々がスマートフォンを所有しており、これはモバイル市場のうち62.5%に相当する。これらの数字は、スマートフォンの所有が着実に拡大していることを示している。なお、7月のスマートフォン普及率は58.4%だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集