日本でもWindows 8.1向け音楽配信サービス--1曲150~250円、開始時期は未定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは11月28日、「Windows 8.1」向け音楽配信サービス「Xbox Music on Windows」の概要を明らかにした。全世界で約3000万曲が配信されるサービスであり、ファイル形式は320kbpsのMP3フォーマット。対応機種はWindows 8.1と「Windows RT 8.1」搭載デバイス。1曲150~250円の価格帯が中心となる。

 同日に開かれた会見は当初、新サービスの発表会としていたが、発表前日に新サービスの概要やユーザーエクスペリエンスなどの説明会へと変更。新サービスの提供時期や参加パートナー名などについては明らかにしなかった。

 同社は「現在、開発中のサービスであり、開発完了までもう少し時間がかかる。本日時点でお知らせできないものがあったため、提供時期などは明確にできなくなった。正式なサービス提供時期の発表を待ってほしい」と説明した。


日本マイクロソフト 執行役常務 コンシューマー&パートナーグループ担当 香山春明氏

Windows 8.1は娯楽も愉しめる

 日本マイクロソフト コンシューマー&パートナーグループ担当執行役常務の香山春明氏は、「マイクロソフトは、デバイス&サービスを目指しており、新サービスは、デバイス&サービスによる新たなエクスペリエンスを提供するものになる」と位置付け、新しいサービスの意義を強調した。

 「Windows 8.1は、さまざまなアプリを標準で搭載しているが、仕事の要素以外にエンターテインメント系アプリを強化することで、Windows 8.1をより楽しんでもらえるようになる。Musicのタイルをタッチ、クリックしてもらうことでWindows 8.1に最適化したサービスを簡単に利用でき、新たな音楽エクスペリエンスを実現する。開発は最終段階に来ている」

 Xbox Music on Windowsでは、大きく「コレクション」と「見つけよう」の画面で構成される。「コレクション」の画面では、所有している音楽コンテンツを表示。ジャンル別やアーティスト別でコンテンツを表示できる。「見つけよう」は、Xbox Music on Windowsの購入の窓口となり、すべての楽曲が30秒間の試聴を可能としており、アルバム全体での購入だけでなく、アルバムの個別の楽曲を選択して購入することもできる。

 特定のアーティスト別に所有している楽曲や発売されている楽曲の情報、そのアーティストの楽曲の売れ筋トップランキングや、バイオグラフィなどが表示され、アーティストに関する情報が一元的に入手できるようになっている。

 Bingスマート検索と連携してアーティストの関連情報を幅広く収集。BingのHero Anserとの連携では、アーティスト情報から直接楽曲を再生するといったことも可能。音楽を再生しながら、検索した情報も表示するマルチスクリーンも可能になる。Officeアプリケーションを稼働させながら、音楽を再生するといったことも可能になる。

 Xbox Music on Windowsの決済方法は、Windowsアカウントに登録しているクレジットカードのほかにプリペイドカードであるWindowsストアギフトカード、Xboxギフトカードで行える。


日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部本部長 藤本恭史氏

ダウンロード型は検討

 日本マイクロソフト 業務執行役員 Windows本部本部長の藤本恭史氏は「Windows 8.1は、Windows 8のアップデートとして紹介したが、Windowsの“リイマジン”を加速するものであり、さらにさまざまなフォームファクタの製品を提供するという強みもある」とWindows 8.1の意義を説明して、こう続けた。

 「そして、アプリやサービスを搭載し、簡単に、身近な形で提供するのも特徴である。そのひとつがXbox Musicとなる。これは、すでに22カ国で展開しているものであり、いよいよ日本で展開することになる。日本で配信する曲数の発表も楽しみにしてほしい」

 藤本氏はまた、今回のサービスの優位性について「8型から80型まで、各社からさまざまなデバイスが登場しており、音や映像に特化した製品も数多く登場している。こうしたエコシステムもWindowsならではの特徴である。なめらかなタッチ操作とスムーズなマルチタスク連携による新たな音楽の発見が可能であり、Windowsであれば、PCでもタブレットでもどんなシーンでも利用できる」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加