logo

HP、予想を上回る第4四半期決算を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年11月27日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は予想を上回る第4四半期決算を発表し、再建計画が順調に進行していることを示した。

 HPの第4四半期の利益は14億ドル(1株当たり利益は73セント)で、売上高は前年同期比3%減の291億ドルだった。非GAAPベースの1株当たり利益は1.01ドルだった。ウォール街はHPの第4四半期決算について、非GAAPベースの1株当たり利益が1ドル、売上高が279億ドルと予想していた。

 今後の見通しについては、HPは2014年第1四半期の非GAAPベースの1株当たり利益を82~86セントと予想している。ウォール街の予想は1株当たり85セントだ。2014会計年度通年については、HPは非GAAPベースの1株当たり利益を3.55~3.75ドルと予想した。その金額はこれまでの予想と一致している。ウォール街の予想は3.65ドルだ。

 そのほかにもいくつか重要な発表があった。

  • HPの2013会計年度通年の利益は51億ドル(1株当たり利益は2.62ドル)で、売上高は前年比7%減の1123億ドルだった。
  • HPは純負債ポジションを13億ドル削減したと述べた。HPの2013会計年度終了時における現金及び現金同等物は121億6000万ドルで、長期負債は166億ドルだった。
  • 同社は、10月31日を末日とする2013年度の研究開発費として31億3000万ドルを計上した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集