logo

「Kinect」を使って自分を3D印刷--分身フィギュアを作る「Shapify」

Michelle Starr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月26日 10時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Shapify」は、Microsoftの「Kinect」を使って自分自身を3Dスキャンし、3D印刷によるミニチュアフィギュアを注文できるサービスだ。

 現世代のKinectがあれば、自分だけの自分撮りフィギュアをすぐ手に入れることができる。Shapify.meサービスのコンセプトは、像を撮影するためのブースを設けるドイツのTwinkindに似ているが、Shapifyの場合は、もう少し自身ですべきことがある(そしてやや低解像度)。

提供:Shapify.me
提供:Shapify.me

 「Windows」あるいは「Xbox 360」用のKinectを使えば、自身の像をスキャンできる。まずは、Shapify.meアプリとMicrosoftの「Kinect for Windows SDK」をダウンロードしてインストールする必要がある。

 次に、KinectをPCに接続し、「Capture」ボタンを押してスキャンを開始する。ここで適切な位置、つまりKinectから約1m離れた位置に立つ必要がある。Kinectは胸の高さあたりに置くこと。そしてポーズを取り、ゆっくりと体を回転させる。45度ごとに止まって8回撮影する。

 サンプルイメージを見ると分かるようにShapifyによるフィギュアは完璧ではないが、価格は均一で59ドルだ。Twinkindのブースよりもずいぶん安く損はない。Shapifyは現在、米国やカナダ、欧州に配送しているが、間もなく世界中で展開する予定だと同社は述べている。

提供:Shapify.me
提供:Shapify.me

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集