logo

ソニー「PlayStation 4」レビュー(前編)--使用感、「PS3」「Xbox One」との比較など - (page 3)

Jeff Bakalar (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年11月22日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PS4は、HDMIポートでHDTVに接続しなければならないことに注意してほしい。今回は、アナログ出力(コンポジット出力やコンポーネント出力)は用意されていない。

 また、802.11 b/g/nの無線LANが利用できる(ただし、5GHz帯や新しい標準である802.11acは使用できない)ほか、Bluetooth 2.1にも対応している。とはいえ、ソニーは現在のBluetoothを使用した周辺機器(ヘッドセットや古いPS3用コントローラなど)の多くはPS4では利用できないと述べている。その例外は「PlayStation Move」だ。ただし、これを使うには、PS4のゲームがPlayStation Moveに対応している必要がある。

 PS4には、利用していない時の電源オフのモードが2つある。完全に電源を切ることもできるが、スタンバイモードにしておくこともできる。ただし、自動的にアップデートを受信したり、遠隔から起動するためには、スタンバイモードにしておく必要があるので要注意だ。

 PS4の上面は、3分の1が光沢仕上げで、3分の2がつや消しブラックになっている。この2つの仕上げの間は、細長いマルチカラーLEDになっており、スタンバイモードではオレンジに、電源オン時は白に、起動時は青に光る。

 水平にしか置けないXbox Oneとは異なり、PS4は縦置きにすることもできる。ソニーは縦置き用専用スタンドの利用を推奨しているが、PS4はそのまま縦に置いても問題はないように見える。

PlayStation Cameraは別売り
PlayStation Cameraは別売り
提供:Sarah Tew/CNET

 前述の通り、PS4を音声で操作できるようにするためのPlayStation Cameraは別売りで、60ドルかかる。また、事前に設定しておけば、このカメラで顔を認識してログインすることもできる。このカメラの持つ機能はXbox OneのKinectに非常に似ているが、赤外線による操作には対応していない。実際、PS4は赤外線の受信機を持っていないため、映画やストリーミング動画を見るときの操作も、DUALSHOCK 4で行う必要がある(ソニーは専用のBluetoothリモコンを用意していると述べているが、発売時期は明らかになっていない)。

 PS4のオペレーティングシステムには、「The PlayRoom」と呼ばれるインタラクティブなソフトウェアが組み込まれており、これを使えば、PS4でPlayStation Cameraがどのように利用できるかを理解することができる。カメラなしでは、The PlayRoomは使用できない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]