[ブックレビュー]“続かない”を科学の知見から解決する--「やってのける 意志力を使わずに自分を動かす」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大和書房
詳細:単行本 / 256ページ / 大和書房 / 価格:1680円 / 著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン / 監修:児島 修 / 発売日:2013/09/20 / 外形寸法 (H×W×D):19.0cm×13.8cm×2.4cm / 重量:0.3 kg
内容:掃除やダイエットなどがなかなか続かない人は、思考と行動から考え直す必要がある、と説く本書。自分の思考パターンを知り、行動を起こすため戦略を提示することで「行動できない自分」を変えていく。
Amazon.co.jpアソシエイト

 困難な仕事に立ち向かうような厳しい課題ではないと思うのに、「掃除をする」「ダイエットをする」といったことができなかったり、続かなかったりするのはなぜなのか。そして、どうやってもできなかったことをやり遂げることは可能なのか。本書ではさまざまな実験結果から導き出された、個人の「思考」と「行動」次第で、やり遂げられるかどうかが決まるという結論に基づき「やってのける」ための考え方と実行方法を紹介している。

 本書では、まず自分の思考パターンをよく知ることに重きが置かれている。「抽象的に物事をとらえる」タイプなのか、「具体的に物事をとらえる」タイプなのかや、頭の良さは生まれつきのものであって変えられないとする「決定論者」なのか、知能とは変化するものであり変えられると考える「成長論者」なのかなど、自分のタイプをよく知ることによって、効果的な対処法を身につけていこうとするのだ。どちらのタイプが良いという問題ではなく、自分のタイプにない思考法を知ることで、自分の欠点を補う考え方や行動を身につけることにより、やり通す力をつけようとしている。

 実際のところ本書の内容は、「なんとなくそういう気がしてた」と思うことが多い。しかし、具体的な対応策を提示してくれるところが素晴らしいのだ。自分にない考え方は、そうはできないものだ。本書でそれを知ることによって、むだにあがくことなく、やりとげる力を身につけたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加