ランサーズとベネッセが連携--社会的スキルの向上施策を共同で実施

岩本有平 (編集部)2013年11月15日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営するランサーズは11月15日、ベネッセコーポレーションとの連携し、キャリアアップ関連コンテンツの拡充を進めると発表した。

 ランサーズでは、ランサー(仕事を発注できるユーザー)に対して、ExpertRating Solutions」が提供する世界標準スキルテストを導入するなど、スキルの見える化、向上支援の施策に取り組んできたという。

 また、過去数カ月に渡ってベネッセと共同研究調査を実施。今回、社会的スキル支援の領域に共同で取り組んでいくことを決めたという。

 同日より開始する取り組みとして、ランサーズ内の「フリーランストータルサポート」にて、ベネッセが提供する社会的スキル診断、苦手スキル別ソーシャルラーニングサービス「じぶんラボ」のコンテンツを提供する。

 じぶんラボではアプリを通してスキル診断をして、その結果に応じた苦手分野のコミュニティに所属。そこで成功体験や失敗体験を共有したり、おすすめの書籍を紹介するなどして、社会的スキルの向上を目指せるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加