アップル、ストア内での「iPhone」修理サービスを準備中か

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月08日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「Apple Store」で「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の部品の修理および交換を行う準備を進めているという。「今後の同取り組みに詳しい情報筋」が9to5Macに述べた。つまり、iPhoneが故障しても、場合によっては、本体を新品と交換してもらわなくても済むようになる。

 同情報筋によると、この取り組みでは、スクリーンや背面カメラ、音量ボタン、モーター、スピーカーシステム、5cの(「Touch ID」に非対応の)従来型ホームボタンを含む複数の部品が対象になるという。従業員がタッチスクリーンを交換できるように、特別なキャリブレーション装置がストアに提供される予定だ。

 「AppleCare」保証の対象者は、無料で部品の交換や修理をしてもらうことが可能だ。それ以外のユーザーは代金を支払わなければならない。タッチスクリーンの交換が149ドル、新しいバッテリへの交換が79ドル、そしてiPhone 5cの新しいホームボタンが29ドルとなっている。

 しかし、故障したiPhoneの代替品として新品を買うのに必要な金額に比べれば、修理代金は些細なものだ。さらに、1つの部品だけを交換できるため、ユーザーは同じiPhoneを使い続けることが可能で、データのバックアップおよび復元が不要になる。修理はその場で行われるので、ユーザーは自分のiPhoneが再び使用可能な状態に修復されるのを待つだけでいい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加