[ブックレビュー]心に響くエピソードと名言に出会える--「人生はニャンとかなる!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文響社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 158ページ / 文響社 / 価格:1470円 / 著者:水野 敬也,長沼 直樹 / 発売日:2013/10/22 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.2cm×1.6cm / 重量:0.3 kg
内容:元気になれるような言葉、偉人たちのエピソード、名言などを猫の写真とともに読むことができる。自分のためにも、贈り物としても重宝しそうな1冊。心が疲れた時、弱った時に手に取りたい。
Amazon.co.jpアソシエイト

 人に言われると、少々不機嫌になってしまうような言葉でも、かわいい猫の写真を前に言われると、「うん、たしかに」と素直にうなずきたくなるから不思議だ。本書は、愛嬌のある犬たちの写真が印象的だった「人生はワンチャンス!」の続編にあたり、思わずほほ笑んでしまう猫の写真と、何かしら元気になれるような言葉、そして偉人たちのエピソードと名言で構成されている。

 全体は「スタート」「仕事」「冒険」「リラックス」「習慣」「コミュニケーション」「希望」の7つのカテゴリと色に分かれている。カテゴリのテーマに沿って、写真に添えられている一言や偉人たちの物語は、よく吟味されていて面白いのだが、なんといっても主役は猫たちだ。ページをめくった瞬間に、吹き出してしまうほど変な顔をしている猫やあどけない表情の子猫など、眺めているだけで癒される。

 本書には、前作同様、全ページに切り取り線が入っていて、好きなページを切り取って飾ったり、人にプレゼントしたりできるようになっている。パラパラとページをめくって、目に飛び込んできたページをじっくり読むのがお勧めだ。それはその時自分に最も必要な言葉であるだろうから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加