「iPad Air」の部品コスト、第3世代「iPad」よりも低下

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月06日 07時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 All Things Digitalが米国時間11月5日に公開した調査会社IHSのデータによると、「iPad Air」を製造するためのコストは、モデルによって274~361ドルだという。AppleはiPad Airを499~929ドルで販売している。

 IHSによると、同タブレットのディスプレイは、コストの高い部品であることがわかったという。同社はAll Things Digitalに対し、スクリーンのコストは90ドルで、タッチスクリーン部品は43ドルだと述べた。つまり、ディスプレイは、最低価格のiPad Airにおいてコストの約半分を占めていることになる。

 それ以外の部分では、Appleはかなり効果的にコストを削減できている。All Things Digitalによると、iPad Airの基本モデルは第3世代「iPad」の基本モデルよりも部品コストが42ドル安いとIHSは述べたという。Appleはそれほど大幅に同社タブレットを変更せず、それによってサプライヤーとの間の契約条件を改善することによって、それだけのコスト削減に成功している。例えば、「A7」チップのコストは18ドルで、2012年の「A5」プロセッサよりも5ドル低くなっている。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加