logo

アップル、第4四半期決算を発表--「iPhone」がけん引し予測上回る - (page 2)

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月29日 07時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第3四半期決算に関するその他の情報は以下のとおり。

  • Appleは今後、OS Xの全バージョンを無料で提供すると述べた。このことは、同社が先週、最新のOS X Mavericksの即時リリースと価格変更を発表したときには明言されていなかった。
  • iPad mini with Retina Displayは入手が困難になるかもしれない、とCook氏は述べた。同氏はアナリストに対して、「当社が第4四半期に十分な台数を用意できるかどうかは不明だ。出荷開始前に、正確な需要を把握するのは不可能である」と話した。同デバイスは11月中に発売される予定だが、Cook氏は具体的な発売日は明かさなかった。
  • AppleはiPadで教育用タブレット市場の94%のシェアを獲得している。その数字の出典は、はっきりしない。
  • Cook氏とAppleはiPhone 5cを廉価版スマートフォンとは考えていない
  • Cook氏によると、Appleは15件の「戦略的買収」を実行したという。同氏は決算発表の序言でその数字に言及したが、具体的な企業名は明かさなかった。しかしAppleはこれまでに、Passif Semiconductor、乗換案内アプリのEmbark位置情報データ企業Locationary、乗り換え案内サービスのHopstopなどの企業を買収している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]