logo

ケイ・オプティコム、大阪マラソンでH.265/HEVCを採用した4K映像伝送実験

加納恵 (編集部)2013年10月22日 18時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケイ・オプティコムは10月22日、H.265/HEVC技術を利用したリアルタイムエンコードによる4K映像の伝送実験を実施すると発表した。10月27日に開催される「大阪マラソン2013」を4Kカメラで撮影し、パブリックビューイングを行う。

 同社によるとH.265/HEVC技術を利用したリアルタイムエンコードによる4K映像の伝送実験は日本初になるとのこと。当日は大阪マラソンコース上のチャレンジランフィニッシュ地点(大阪市役所前)とマラソンフィニッシュ地点(インテックス大阪前)の2カ所において4Kカメラでランナーを撮影する。

 撮影した映像は、リアルタイムでH.265/HEVC技術を用いてエンコードし、ケイ・オプティコムの光ファイバーネットワークを通じてインテックス大阪2号館ケイ・オプティコムブース内に設置しているテレビモニタへ伝送し、放映するとのことだ。

同社では、H.264の約2倍の性能を持つ、H.265/HEVC技術を用いることで、超広帯域の回線でなくても、4K映像をスムーズに伝送することが可能になったとしている。


H.265/HEVC技術を利用したリアルタイムエンコードによる4K映像の伝送実験のイメージ

-PR-企画特集