logo

GMO、オンラインゲーム会社のゲームポットを9億円で買収

佐藤和也 (編集部)2013年10月22日 11時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットは10月21日、国内オンラインゲームの開発・運営会社であるゲームポットの発行済株式の全部を取得し、子会社化することを発表した。ゲームポットの発行済株式を保有するAGGP Holdingsから、11月15日付けで全株式を取得。取得価格は9億円としている。

 ゲームポットは2004年に設立。「スカッとゴルフ パンヤ」や「ファンタジーアース ゼロ」などオンラインゲーム事業を展開している。株式取得の理由として、ゲームポットの強みはPC向けオンラインゲーム事業で蓄積された開発力、運営力、そして顧客基盤にあるとし、GMOインターネットグループのスマートフォンゲーム事業が持つモバイル向けの運営ノウハウ、顧客基盤といった強みを相互に活用することで、多くの利用者へアプローチすることが可能と判断したためとしている。

 なお、ゲームポットから8月に分社化され、主にモバイルコンテンツ事業を行うジービー・モバイルについては株式取得日までに切り離され、AGGP Holdings傘下のままとしている。

-PR-企画特集