logo

LG、4Kテレビを日本市場に投入--65V、55V型を11月から

加納恵 (編集部)2013年10月17日 19時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LGエレクトロニクス・ジャパンは10月17日、4Kテレビ「LA9700シリーズ」を発表した。新開発の4K IPSパネルと独自の直下型LEDバックライト技術「NANO FULL LED」を採用する。発売は11月上旬。65V型の「65LA9700」(店頭想定価格:65万円前後)と、55V型の「55LA9700」(同:45万円前後)をラインアップする。


LGエレクトロニクス・ジャパンマーケティング統括常務の李起旭氏

 LGブランドとしてはすでに海外で4Kテレビを発売しており、LA9700は、海外モデルに日本仕様を施したもの。LGエレクトロニクス・ジャパンマーケティング統括常務の李起旭(リ・キウク)氏は「日本では他国に類を見ないスピードで映像の4K化が進んでいる。こうした市場に向け、お客様のご期待に応えるモデルを自信をもってお届けしたい」と話した。

 LA9700シリーズは、3840×2160ピクセルの4K解像度を持った液晶テレビ。新開発の4K IPSパネルと直下型LEDバックライト技術「NANO FULL LED」を搭載し、広視野角で高精度なカラーグラデーションを実現する。

  • 「55LA9700」

  • 「65LA9700」

 映像エンジンには独自の「Tru-ULTRA HDエンジン」を採用し、フォーマット分析、超解像映像生成、4Kアップコンバート、エンハンスと4つのステップを経て、入力ソースを4K解像度へとアップコンバートすることが可能。ハイビジョン放送やDVDコンテンツも4Kに迫る高画質へと変換するとしている。

 HDMI入力は4K/30p対応だが、HDMI 2.0規格に準拠した4K/60p入力対応へのアップグレードが可能。アップグレードは無償で実施され、時期については明らかにされなかった。

 また、4Kテレビとしては初となる「HEVCデコーダー」も内蔵する。HEVCは次世代の動画圧縮形式で、4Kコンテンツをデコードできるというもの。現在該当するサービスなどは実施されていないが、予め内蔵しておくことで、外付けのデコーダを別途用意することなく、安心して楽しめるとしている。

 音質面ではテレビの電源のオン、オフに連動してパネル下部からスピーカが現れる「スライディングスピーカー」を装備した。フルレンジスピーカとソフトドームトゥイータ、ミッドレンジスピーカを各2つずつと、背面にウーファを配置した3ウェイ7スピーカで、全域にわたって自然な音色を再現できる。スピーカは格納しておくこともでき、手持ちのスピーカシステムと組み合わせることも可能だ。

  • 3ウェイ7スピーカを内蔵する

  • 「スライディングスピーカ」電源オン

  • 「スライディングスピーカ」電源オフ

 本体にはWi-Fiを内蔵し、DLNAにも対応。VODやSNSなどネットワークコンテンツも利用できる。また、マジックリモコンの採用や手の動きでテレビを操作できる「モーション認識」に対応し、基本機能は4月に発表された「LA9600」相当としている。なお、ハイブリッドキャストには対応していない。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集