logo

サムスン、クアッドコア搭載「Android」折りたたみ式携帯を準備中か

Scott Webster (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月10日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンがまた新たなクアッドコア搭載「Android」端末を準備しているようだ。ただし、今回はこれまでよりも古めかしい、地味な折りたたみ式携帯電話だ。

 (「GALAXY Golden」「Hennessy」に続く)3作目となるこの折り畳み式Android搭載端末の画像が、最近になってインターネット上に流出した。

 「SM-W2014」として知られる同端末は、折り畳み式のデザインとQualcommの最上位プロセッサ「Snapdragon 800」を組み合わせた製品のようだ。旧来のフォームファクタの製品にそこまで優れた処理能力は不要という人はいないだろう。

 中国のサイトTENAAに掲載された情報が正しければ、SM-W2014はこのほかにもハイエンドな特徴を備えているようだ。まだ正式な名称が付けられていないこの製品は、13メガピクセルの背面カメラと2GバイトのRAMを搭載する可能性がある。また、GALAXY GoldenやHennessyと同じく3.67インチで解像度が800×480ピクセルのディスプレイを搭載すると思われる。

 サムスンが現在の方針を変えないとするなら、おそらくこの新端末は中国のみで販売されることになるだろう。

提供:Engadget
提供:Engadget

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集