logo

Twitter、新機能「See It」を発表--ツイートを通したテレビ視聴を米国で可能に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月10日 09時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Comcastに登録する米国のTwitterユーザーはまもなく、ツイートをクリックするだけで、テレビのスイッチを入れ、DVRをセットすることができるようになる。

 Comcast、NBCUniversalの両社と提携したTwitterは米国時間10月9日、「See It」という新しいツイート機能を発表した。「Expanded Tweet」をクリックすることによって、ユーザーは放映中のテレビ番組をセットトップボックスまたは携帯端末を通して視聴することができる。また、チャンネル変更、DVR設定、任意のオンデマンド番組の再生も可能だ。

 See Itボタンをクリックまたはタップすると、視聴ガイドが表示され、Comcast登録者はツイートされたテレビ番組を視聴または録画したり、放映中の他のテレビ番組にチャンネルを合わせたりすることができる。

 11月に提供開始予定のSee Itでは、NBC、NBC Sports Network、CNBC、MSNBC、USA、Syfy、Bravo、Oxygen、E!、Esquire Network、The Golf ChannelといったさまざまなNBCUniversalチャンネルの視聴が可能になる予定だ。Twitterは、Comcastとともに他のテレビネットワークへの同機能の拡大に取り組んでいるとしている。

 Comcastの最高経営責任者(CEO)を務めるBrian Roberts氏は声明で、「See Itは、オンラインリモコンを瞬時に作り上げるシンプルながらも強力な機能だ」と述べた。「Comcastは、Twitterユーザーがより簡単に、視聴したい番組を検索して視聴し、新しい番組を発見できるようにすることで、ソーシャルTVにおいて大きく前進している」(Roberts氏)


提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集