logo

ドコモ、iPhone発売も流出止まらず--2013年9月携帯契約数

藤井涼 (編集部)2013年10月07日 19時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電気通信事業者協会(TCA)と携帯キャリア各社は10月7日、2013年9月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 純増数ではソフトバンクモバイルが27万700件で最も多く、次いでKDDIが23万2700件。NTTドコモは6万6800件の純減となった。累計契約者数はドコモが6177万2000件、KDDIが3904万5200件、ソフトバンクが3406万5600件で、3社の合計は1億3488万2800件。ウィルコムのPHSの純増数は4万1500件で、累計契約数は531万300件。

純増数
NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
7月17万2500件22万5200件25万4500件
8月4万3000件20万9200件25万300件
9月-6万6800件23万2700件27万700件
累計契約数
NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
7月6179万5800件3860万3300件3354万4500件
8月6183万8800件3881万2500件3379万4800件
9月6177万2000件3904万5200件3406万5600件

 MNP(携帯電話番号ポータビリティ)は、KDDIが11万800件の転入超過で24カ月連続でのトップとなり、続いてソフトバンクが2万2700件の転入。満を持してiPhoneの取り扱いを開始したNTTドコモは、その甲斐もむなしく13万3100件の転出となった。

 KDDIは転入超過となった要因について「800MHzをベースバンドとしたLTEネットワークの優位性が顧客に受け入れられた結果であり、9月20日の新型iPhone発売以来、その認知が加速化したと捉えている」とコメント。加えて、auスマートパスやauスマートバリューの浸透、Android端末のラインアップなどが総合的に評価された結果だと説明した。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)
NTTドコモau(KDDI)ソフトバンクモバイル
7月-11万2400件7万100件4万600件
8月-14万5000件8万7700件5万6800件
9月-13万3100件11万800件2万2700件

 一方、NTTドコモは9月も転出が止まらなかった要因として、他社が旧モデルである「iPhone 5」や「iPhone 4S」のキャッシュバックキャンペーンを積極的に展開したことや、2007年に提供を開始した割引サービス「ファミ割MAX50」や「ひとりでも割50」の2年契約が終了するタイミングであることなどを挙げた。「ポートアウト(転出)については高止まりしているが、iPhoneを発売した9月20日以降にポートイン(転入)してくる顧客も獲得できており、数字は8月よりも改善している」(NTTドコモ)。

 また、ソフトバンクモバイルは「新型iPhoneの在庫がまだ少ないこともあり、9月のMNPにはそれほど大きな影響はなかった」と説明した。

-PR-企画特集