logo

「iPhone 5s」、米通信大手4社の9月販売台数で1位に

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月07日 10時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iPhone 5s」発売後、サムスンの「GALAXY S4」が米国のスマートフォン販売台数でトップから後退したことを、調査会社Canaccord Genuityによる新たなデータが示している。

 iPhone 5sが、米通信大手4社すべてにおいて9月のスマートフォン販売台数でトップとなったことを、Canaccordが米国時間10月4日に発表した。Canaccordは各端末の具体的な販売台数を明らかにしていないが、サムスンの「GALAXY S4」が9月に2位または3位に後退したとしている。

 Appleは9月、数カ月ぶりにサムスンに代わってスマートフォン販売台数で首位に立った。6月、7月、8月はサムスンが首位だった。

 Canaccordによると、AppleのiPhone 5sの売れ行きは「極めて好調」であり、一方「iPhone 5c」は「好調な売れ行き」だという。これまでの状況から、CanaccordはAppleが今四半期に世界でiPhoneを5200万台以上販売するとみている。

 サムスンは同じく好調な売れ行きを見せるとみられるが、Canaccordは同社の販売台数については予測していない。


iPhone 5s
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集