logo

アップルCEOクック氏、故ジョブズ氏をしのび社員に書簡:「あなたがた全員を誇りに思うだろう」

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月05日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は、2年前の米国時間10月5日に死去したSteve Jobs氏をしのび、従業員宛てに書簡を送った。

 10月4日に従業員宛てに送付され、9to5Macで公開されたメモの中で、Cook氏は、「われわれ全員にとって(Jobs氏が)どういう存在であったのか、じっくり考えてみてほしい」と述べ、さらにAppleの共同創設者であるJobs氏が「すばらしい人物であり、世界をよりよい場所にしてくれた」と記している。

 続いてCook氏はAppleの業績に目を向けている。9to5Macが入手した書簡によると、Cook氏は同社従業員に対して、Jobs氏が「あなたがた全員を誇りに思うだろう」と確信していることを伝えるとともに、「Jobs氏がこよなく愛した仕事に」専心するよう促したという。

 Steve Jobs氏は2011年10日5日、ガンとの長い戦いの末、56歳で亡くなった。


提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集