logo

世界各地で撮影された美しい天体写真--グリニッジ天文台コンテスト入賞作の数々 - 11/11

Tim Hornyak (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月05日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 深宇宙に美しく輝く宝石のような星雲。その姿をとらえることは、言うまでもなく大変な偉業である。アイルランド在住のTom O'Donoghueさんは、雲間を縫ってスペイン上空の高い位置でかすかな光を放つこの宝石を狙って、60時間もの露光時間を費やした。

 「青い領域と黄色い領域で見えているように、星間塵が近くの星の光を映している。離れた星の光は遮断して吸収されるので、この写真では茶色や黒に見える。右の方にある明るい星は、水素ガスの雲をイオン化しているために赤く輝いている。その下には、遠く離れたところに無数の星から成る球状星団がある」(グリニッジ天文台)
Scroll Right Scroll Left

 深宇宙に美しく輝く宝石のような星雲。その姿をとらえることは、言うまでもなく大変な偉業である。アイルランド在住のTom O'Donoghueさんは、雲間を縫ってスペイン上空の高い位置でかすかな光を放つこの宝石を狙って、60時間もの露光時間を費やした。

 「青い領域と黄色い領域で見えているように、星間塵が近くの星の光を映している。離れた星の光は遮断して吸収されるので、この写真では茶色や黒に見える。右の方にある明るい星は、水素ガスの雲をイオン化しているために赤く輝いている。その下には、遠く離れたところに無数の星から成る球状星団がある」(グリニッジ天文台)

提供: Tom O’Donoghue

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]