グーグル、ウェブカメラを使ったジェスチャー認識アプリ開発の「Flutter」を買収

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月03日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Flutterは米国時間10月2日、Googleに買収されたことを発表した。同社は、ハンドジェスチャーを使用して「iTunes」や「Spotify」、「YouTube」などを制御できるようにするアプリの開発企業だ。

 3年前に設立されたこの新興企業は、デバイスに搭載されているウェブカメラを用いてユーザーのハンドジェスチャーを認識し、それによってさまざまなアプリケーション上の楽曲や動画の再生を制御するアプリを開発している。同社が「Kinect for OS X」(OS X用のKinect)と呼んでいるこのアプリは、「Windows」版も提供されている。

 今回の買収は、Flutterのホームページ上で同社の最高経営責任者(CEO)Navneet Dalal氏によって発表された。なお同発表によると、Flutterアプリは今後もアップデートされるという。

 Googleは、この件を最初に報じたThe Next Webに対し、買収の事実を認めたという。

提供:Flutter
提供:Flutter

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加