東芝、次世代コンテンツ保護技術SeeQVault規格準拠のmicroSDHCカード

加納恵 (編集部)2013年09月24日 18時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 左から「THNSS016GAB4L2(LB8」「THNSS032GAB4L3(LB8」

 東芝は、ハイビジョン動画をメモリカードなどに保存するための次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault(シー・キュー・ボルト)規格」に準拠したmicroSDHCカードを発表した。発売は10月下旬。32Gバイトの「THNSS032GAB4L3(LB8」(店頭想定価格:8000円前後)と、16Gバイトの「THNSS016GAB4L2(LB8」(同」4500円前後)の2モデルをラインアップする。

 SeeQVault規格は、HD画質の放送コンテンツやDLNA転送されるコンテンツをHD画質の状態のまま録画・保存し、スマートフォンやタブレットなどで視聴できるという次世代規格。東芝、パナソニック、サムスン電子、ソニーが共同開発した。

 従来、HD画質の放送コンテンツやネットワークからダウンロードしたコンテンツをメモリカードに保存し、録画した機器以外で再生する場合は、コンテンツ保護の観点からSD画質でのみ可能で、HD画質での保存はできなかったが、この規格によりHD画質での録画、保存に対応する。

 SDメモリカード規格Ver.3.0の高速インターフェース規格のUHS-Iに対応し、従来のSDメモリカードに搭載されているCPRM技術も搭載している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加