MS、「SkyDrive」に200Gプランを追加--年額100ドル、新「Surface」購入者は2年無料

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年09月24日 11時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月23日、「Surface 2」タブレットとともに新しい「SkyDrive」プランを発表した。新プランでは、200Gバイトのスペースを年額100ドルで提供する。少なくともMicrosoftによると、200Gバイトのオンラインストレージがあれば、1人の人間が生まれてから大学を卒業するまで毎時間1枚撮影した写真をすべて保存できるという。

 200Gプランに加入したいSkyDriveユーザーのために説明すると、23日の発表を受けて、SkyDriveウェブページに200Gバイトプランがオプションとして表示されるようになった。加入希望者は、「Manage storage(容量の管理)」へのリンクを選択して、「Buy more storage(追加の容量を購入する)」と書かれたボタンをクリックするだけでいい。Microsoftの新しいSurface 2タブレットか「Surface Pro 2」タブレットを購入した消費者は、200GバイトのSkyDriveストレージを2年間無料で利用できる。

 それほど大容量のストレージを必要としないユーザーのために、Microsoftは200Gバイトより安価なプランも継続して提供する。SkyDriveユーザーは現在、7Gバイトのスペースを無料で利用できる。年額20ドルを支払うと、さらに20Gバイトを追加できる。年額25ドルのプランで50Gバイト、年額50ドルで100Gバイトをそれぞれ追加することが可能だ。

 SkyDriveは「Windows」と「Mac」の両方で利用できる。Windowsユーザーに対しては、SkyDriveクライアントはデスクトップアプリケーションとしてだけでなく、「Windows 8」アプリとしても提供される。

提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加