logo

「iOS 7」、ロック画面の脆弱性が早速発見される

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年09月20日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS 7」のパスコードロック画面にはバグが存在し、それを悪用すると、「iPhone」または「iPad」を直接触ることができる状態にある人なら誰でも、ロック画面を迂回してアプリを開くことができるという。

 Forbesの報道によると、スペイン沖のカナリア諸島に住む36歳の兵士であるJose Rodriguez氏が発見したこのバグは、極めて簡単に悪用することが可能だという。ロック画面で上方向にスワイプして新しい「Control Center」にアクセスした後、タイマーのアプリを開く。

 iPhoneのスリープボタンを押したままの状態で、スワイプ操作によって本体の電源を切る代わりに、キャンセルをタップしてホームボタンをダブルタップし、マルチタスキング画面にアクセスする。そこから、カメラに移動し、保存してある写真を共有することができる。このとき、電子メールやFlickr、Facebook、Twitterといったユーザーの通信アカウントにアクセスできるようになる。

 iOS 7を搭載する「iPhone 4S」と「iPhone 5」「iPhone 5c」「iPhone 5s」、および最新の「iPad」モデルで米CNETがこのエクスプロイトをテストしたところ、実際に機能することが確認された。

 Appleの広報担当者はForbesなどの取材に対し、「(Appleは)セキュリティを非常に重く受け止めており」、「この問題を既に認識している。われわれは今後のソフトウェアアップデートでフィックスを提供する予定だ」と伝えている。

 Rodriguez氏はiOSのロック画面をハックする方法を見つけるのが得意で、2013年に入って「iOS 6.1.3」とiOS 7ベータ版のロック画面の脆弱性を発見している。Appleは両方の脆弱性を修復したが、今回の脆弱性は新しいもので、同氏は現地時間18日にiOS 7をインストールしてから「1時間もしないうちに」それを発見したとForbesは報じている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集