logo

Twitter、モバイル広告ネットワークのMoPubを買収--リアルタイム入札機能など組み込みへ

Jennifer Van Grove (CNET News) 佐藤卓 高橋朋子 (ガリレオ)2013年09月10日 11時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間9月9日、モバイル広告ネットワークのMoPubを買収することで合意に達したと発表した。TechCrunchによると、Twitterは3億5000万ドル相当の株式で同社を取得したという。

 2010年創設のMoPubは、モバイルアプリケーション向け広告の管理と最適化を手がけるほか、リアルタイムの広告入札システムを運営している。これまでに1800万ドル以上の資金を調達しているMoPubは、自社の広告配信プラットフォームを通じて、1日あたり10億件超の広告を「iOS」および「Android」向けアプリのユーザーに配信しているという。

 Twitterの収益担当バイスプレジデントKevin Weil氏は、ブログ記事の中で次のように述べている。「MoPubの入札システムを通じて、多様なネイティブ広告をモバイルエコシステムに広く行き渡らせる大きなチャンスだと、われわれは考えている。またMoPubの技術を利用して、リアルタイムの入札機能をTwitterの広告プラットフォームに組み込み、広告主がより簡単に(広告枠の)購入を自動化し拡大できるようにする計画だ」

 TwitterとMoPubはどちらも、MoPubの事業はこれまで通り運営されると述べている。「Twitterはわれわれの中核事業に投資し、われわれは引き続き顧客のモバイル広告事業の向上に必要なツールや技術を開発していく予定だ」と、MoPubは買収を知らせるブログで説明している

提供:Screenshot by Jennifer Van Grove/CNET
提供:Screenshot by Jennifer Van Grove/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集