リコーのテレビ会議システム「RICOH UCS Apps」、MacとiPhoneに対応

坂本純子 (編集部)2013年09月10日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは9月10日、テレビ会議システム「RICOH Unified Communication System Apps(RICOH UCS Apps)」で、新たにMacとiPhoneに対応すると発表した。

iPhone版の画面。PC版と同様に、資料も閲覧できる
iPhone版の画面。PC版と同様に、資料も閲覧できる

 従来からの Windows PC・iPadに加え、新たにMacとiPhoneにも対応することで、場所やデバイスにとらわれず、より幅広い利用シーンでリアルタイムな映像・音声によるコミュニケーションが行えるようになる。

 専用のアプリケーションは、Mac版はリコーのウェブサイトから、iPhone版はApp Storeから無料でダウンロードできる。

 RICOH UCS Appsサービスは、最大20拠点まで標準で接続可能。相手先とPCの画面を共有でき、同じ画面を見ながら会議が行える。また、H.264/SVCに対応し、ネットワークの負荷状況により、解像度やフレームレートを自動で制御する。会議の途中で映像が止まったり、途切れたりしにくく、ストレスのないスムーズなコミュニケーションが行えるとしている。

 なお、1 IDあたり月額5000円(1 ID~9 ID)~3000円(100 ID~)。契約ID数によって料金は異なる。IDは個人にひもづくため、ひとつのコンタクトIDで、会社ではWindowsやMacから、外出先ではiPad/iPhoneから接続するといった使い方ができる。

Mac版の画面
Mac版の画面
RICOH UCS Appsの利用シーンイメージ
RICOH UCS Appsの利用シーンイメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加