logo

HPの第3四半期決算、売上高減もほぼ予想通り

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦 (ガリレオ)2013年08月22日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハイテク大手のHewlett-Packard(HP)は米国時間8月21日の株式市場取引終了後に2013会計年度第3四半期(7月31日締め)決算を報告した。売上高が前年同期比で減少した一方で、幹部陣の刷新も発表されたが、これらはすべて事前の予想通りだった。

 HPが計上した純利益は14億ドル(1株あたり71セント)だった。

 売上高は272億ドル、非GAAPベースの利益は1株あたり86セントだった。

 ウォール街では、第3四半期の売上高を273億ドル、非GAAPベースの利益を1株あたり86セントと予想していた。

 HPの最高経営責任者(CEO)であるMeg Whitman氏は声明で、1株あたりの利益目標を達成したことから、楽観的な見方を示した。

 我々は今回も、事前に約束していた通りの業績を達成した。非GAAPベースでは、希薄化後1株あたりの利益は0.86ドルと、当社が事前に示していた0.84~0.87ドルという事前見通しの範囲内だ。私は引き続き、当社が事業再建で進展していると確信している。業務面では既に大きな改善が認められており、バランスシートの再構築も順調に進んでいる。コスト構造もより売上高に沿ったものとなった。われわれはHPで再度イノベーションを呼び起こしているが、その中心にいるのは顧客だ。

 以下は第3四半期の部門別売上高だが、少なくとも1つの傾向にあることは明白だ。

  • パーソナルシステム:前年同期比11%減
  • プリンティング:前年同期比4%減
  • エンタープライズグループ:前年同期比9%減
  • エンタープライズサービス:前年同期比9%減
  • HPフィナンシャルサービス:前年同期比6%減
  • ソフトウェア:前年同期比1%増

 第4四半期について、ウォール街では売上高を281億2000万ドル、1株あたりの利益を少なくとも1.01ドルと予想している。

 HPは21日の決算報告で2013年度通期の見通しも示した。それによると、1株あたりの利益は3.53~3.57ドルが見込まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集