ワコム、OS搭載タブレット「Cintiq Companion」と「Cintiq Companion Hybrid」

エースラッシュ2013年08月20日 16時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワコム8月20日、OSを搭載したモバイルクリエイティブタブレット「Cintiq Companion」と「Cintiq Companion Hybrid」を、ワコムストアにて9月下旬より順次発売すると発表した。

 ラインアップは、Windows 8を搭載したCintiq Companionと、Andoroid 4.2を搭載したCintiq Companion Hybridの2シリーズ。いずれもフルHD対応の13.3型IPS液晶パネル(1920x 1080ドット、1万677万色表示)に加え、2048レベル筆圧機能と±60レベル傾き検出機能を実現した独自の「EMR(Electro Magnetic Resonance)」技術を採用。付属の「プロペン」で画面に直接描き込めるほか、利便性の高いマルチタッチ機能も備える。

 ラインアップおよび直販価格は、Cintiq Companionの8Gバイトメモリ、256GバイトSSD、Windows 8搭載モデルが19万8000円、8Gバイトメモリ、512GバイトSSD、Windows 8 Pro搭載モデルが24万8000円。Cintiq Companion Hybridは、16Gバイトのストレージ、バッテリ容量48.5Whのモデルが15万8000円、32Gバイトのストレージ、バッテリ容量72.8Whのモデルが16万8000円となっている。

 なお、8月24日と25日の10時から18時まで、ワコム東京支社(西新宿)で両製品の体験会を開催する。事前登録は不要だ。

「Cintiq Companion」と「Cintiq Companion Hybrid」
「Cintiq Companion」と「Cintiq Companion Hybrid」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加