一度表示したページを永久にキャッシュできるWikipediaビューア「Wikiamo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Wikiamo
価格: 無料(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

3.0

  • 開発:Satoshi Nakagawa
  • カテゴリ:辞書/辞典/その他

 「Wikiamo」は、シンプルなWikipediaビューアだ。一度表示したページのキャッシュがデフォルトでは1週間、設定すれば永久に保持され、オフライン環境で快適な閲覧ができることが特徴だ。

  • 起動するとすぐ検索画面が表示される。全文検索には対応せず、検索対象は見出しのみ。ちなみに国産アプリだがインターフェースは英語となっており、左上から別言語のWikipediaへの切り替えも行える

 アプリを起動すると検索フォームが表示され、キーワードを入力するとインクリメンタルサーチで見出しが表示される。見出しをタップするとすぐさまページが表示されるという流れだ。画面遷移は最小限で済むが、本文のサマリーは表示されないため、期待と異なるページを開いてしまい、検索からやり直しになる場合も多い。本文のサマリーを表示できる他のアプリと比べると一長一短だ。検索対象は見出しのみで、全文検索できないのもネックだ。

 本アプリの大きなメリットは、いったん表示したページはキャッシュが1週間保持されるため、オフライン環境で快適な閲覧が行えることだ。電波がオフの状態でも、直近1週間に開いたページをキャッシュから呼び出して表示できるので、例えば地下鉄など電波の届かない場所や、あまり電池を消耗したくない状況下でお決まりのページを開いて読むといった用途に使える。iPod Touchユーザにも向くだろう。

 さらに設定画面にある「Permanent Cache」をオンにすれば1週間にかぎらず永久に保存されるのも、ほかにない特徴的な機能だ。履歴はもちろんブックマーク機能も用意されているので、以前開いたページをあとから呼び出すのも容易だ。このほか、見ているページをメールで送信する機能や、ランダム呼び出し機能なども備える。

 Wikipediaビューアとしてはかなりの老舗だが、オフライン購読機能を除いては全体的にはオーソドックスな作りで、さまざまな特徴をもった昨今のWikipediaビューアに比べると、やや特徴が薄れつつあるのも事実。個人的には取得したキャッシュの定期更新機能や、任意ページのキャッシュを手動削除できる機能など、オフライン機能まわりの強化を望みたいところだ。

  • 本文を表示したところ。オーソドックスなレイアウトで、セクションはすべて展開した状態で表示され、折りたたむことはできない

  • 目次を表示して各セクションにすばやく移動することもできる。ページのランダム呼び出し機能も備えるが、目次の上部に配置されているのはやや違和感がある

  • ブックマーク機能も用意されているが、筆者環境ではなぜかタイトルをうまく読み込まない

  • ブックマークしたページの一覧。項目名をタップすればページが表示される

  • 履歴機能も用意されているが、こちらもタイトルをうまく読み込めていない

  • 設定画面はアプリ内ではなく、iPhoneの設定内にある。キャッシュの保存期間の変更や、フォントサイズの変更はこちらから行う

>>Wikiamoのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加