logo

グーグルの「Chrome Canary」ブラウザ、タッチ操作に対応か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子 (ガリレオ)2013年08月06日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Chrome Canary」がタッチ操作に対応した機能を追加していると、The Vergeが報じた。Chrome Canaryは、Googleのウェブブラウザ「Google Chrome」の1バージョンで、公開はされているがまだ開発段階にある。

 Chrome Canaryブラウザにこのほど、画面をスワイプするとページを前後に移動できるスライドナビゲーション機能が加わったという。各種モバイルOSと同様に、左にスワイプすると次のページに進み、右にスワイプすると前のページに戻る。

 さらに、Chrome Canaryには「enable pinch scale」(ピンチズームを有効にする)オプションが追加されており、これを有効にすると、指を広げたり閉じたりすることで画面の拡大、縮小ができるという。

 Chrome Canaryはダウンロード提供されているが、まだ動作が不安定で、予期せずクラッシュする可能性があるため、Googleはこれをもっぱらアーリーアダプター(初期導入者)と開発者向けとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集