logo

グーグル、紛失した「Android」端末を探し出せるアプリを公開へ--データの遠隔消去も可能

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年08月03日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone」ユーザーがOSの機能に関して「Android」搭載端末のユーザーよりも恵まれている点はまだいくつかあるが、その1つが、紛失した端末の所在地を特定したり遠隔操作でデータを消去したりできる無料の公式アプリケーションだ。

 ユーザーは何年も不満を抱え、お粗末なサードパーティー製アプリケーションがリリースされたりもしたが、Googleはようやく、独自の位置特定アプリケーションによって「iOS」の「iPhoneを探す」機能に匹敵できるようになった。それが「Android Device Manager」だ。

 8月中にリリースされるこのアプリケーションを使うと、Androidユーザーは置き忘れた端末や紛失した端末を地図上においてリアルタイムで探し出し、着信音を鳴らすことができるほか、遠隔操作で内容を消去することもできる。この機能は「Android 2.2」以降を搭載した端末で利用できる。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集