logo

SBI証券、アクセス解析に「Adobe Analytics」--レポーティングを自動化へ

田中好伸 (編集部)2013年08月01日 16時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SBI証券はウェブアクセス解析ツール「Adobe Analytics」を導入した。アドビシステムズが7月31日に発表した。

 SBI証券はオンライン証券取引のほかに投資信託、外国債券、外国為替証拠金取引(FX)などを取り扱うオンライン専業証券会社。ウェブサイトの効果を測定するため、独自にアクセスを解析していた。より深い解析に適したデータを取得、集計するとともにレポーティングを進化させる必要があると判断した。

 同社は2012年8月にウェブアクセス解析ツールとして「Adobe SiteCatalyst」を導入、計測を開始した。分析機能をより強化したAdobe Analyticsを導入している。ウェブサイト分析に必要なデータの収集、レポーティング業務の自動化、担当部門間での分析データ活用や共有を進めて、ウェブサイトの最適化に向けてスピーディーにPDCAサイクルを回していく方針と説明している。

 導入を支援したソフトバンク・テクノロジーは導入時に、ウェブコンサルティングサービス「SIGNAL」で収集したデータの有効な活用方法を提案、全社展開でも支援している。ソフトバンク・テクノロジーは分析レポートの自動配信で可視化の促進、データに基づいたウェブマーケティングでのPDCAサイクルを浸透させて、SBI証券でAdobe Analyticsが共通のデータ基盤になるよう推進していくとしている。

-PR-企画特集