logo

MS、「Android」向け「Office Mobile」アプリを米国でリリース

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年08月01日 09時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftは米国時間7月31日、「Office Mobile」アプリを「Android」向けに提供開始することを発表した。

 同アプリは無料でダウンロード可能だが、Microsoftの「Office 365 Home Premium」および「Office 365 ProPlus」サービスに登録していないと使用できない。

 「Office Mobile for Android」には、「Word」「Excel」「PowerPoint」へのアクセスが含まれる。これらのプログラムは、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを作成するためのものではなく、Officeユーザーが既存ファイルを手早く修正し、共有できるようにすることを目的としている。

 同アプリには、Office 365の登録ユーザーが、PC上で途中まで作業していたファイルを携帯電話で参照できるようにするためのいくつかの機能が含まれる。ファイルは、すべてのOffice 365ドキュメントと同様に、Microsoftのウェブストレージサービス「SkyDrive」と同期する。

 Office 365は年間99.99ドルで、購入者はPCやMac、スマートフォンなど最大5台の端末にOfficeアプリをインストールできる。AndroidタブレットやAppleの「iPad」には未対応だ。

 今回のOfficeアプリは、米国において「Google Play」ストアで既に提供されており、他の国においても今後数週間のうちに提供開始される予定である。 同アプリは、Android 4.0以降を搭載するデバイスでのみ動作する。

提供:Microsoft
Office Mobile for AndroidでWordを使用。
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集