logo

EU、電子書籍の価格操作問題でPenguinの提示条件を承認

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月26日 15時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子書籍の価格設定をめぐり、Appleと複数の出版社がEUによる独占禁止法上の調査を受けていた問題で、最後まで抵抗していた大手出版社のPenguinが競合他社と足並みをそろえた。

 欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)は現地時間7月25日、4月にPenguinとの間で合意していた条件を承認したと発表した。Penguinは、小売業者ではなく出版社が書籍の価格を設定できるようにしたエージェンシー契約を打ち切るとともに、地域に基づいて異なる価格を提示していた「最恵国待遇」価格設定条項を廃止することで合意した。

 PenguinとECの合意に先立ち、Harper CollinsやHachetteなど他の出版社は2012年12月、実質的に同じ条件で合意していた。Penguinは和解に向けた交渉には明らかに加わらず、不正行為は一切なかったと主張してきた。

 今回の合意は、Appleと出版社らが電子書籍の価格を操作し、それにより価格がつり上げられ、Amazonの電子書籍事業に打撃を与えたとされる問題に関するものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集