火星探査車「Opportunity」--打ち上げから10年で撮影された写真の数々 - 14/20

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年07月20日 07時30分
 この写真が撮影された3344ソル目(地球時間2013年6月20日)、ソーラーアレイのエネルギー生産量は497Wh、大気の不透明度は0.801、ソーラーアレイの塵因子は0.626だった。

 Opportunityミッションのサイト上の日誌には、「科学チームはOpportunityを108フィート(約32.92m)弱だけ走行させて、『ノビーズヘッド』と呼ばれる特徴的な場所がある東の方向に進み、詳しく調べてみることにした」と書かれている。

 同ミッションの総走行距離は22.89マイル(約36.84km)だ。

 この写真が撮影された3344ソル目(地球時間2013年6月20日)、ソーラーアレイのエネルギー生産量は497Wh、大気の不透明度は0.801、ソーラーアレイの塵因子は0.626だった。

 Opportunityミッションのサイト上の日誌には、「科学チームはOpportunityを108フィート(約32.92m)弱だけ走行させて、『ノビーズヘッド』と呼ばれる特徴的な場所がある東の方向に進み、詳しく調べてみることにした」と書かれている。

 同ミッションの総走行距離は22.89マイル(約36.84km)だ。

提供: NASA/JPL

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]